スター・ウォーズ新ドラマ「アコライト」。Disney+で6月5日独占配信

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、動画配信サービスのDisney+にて、「スター・ウォーズ/ファントム・メナス(エピソード1)」の約100年前を描いたオリジナルドラマシリーズ「アコライト」を6月5日より、初回2話日米同時独占配信を開始する。

壮大なライトセーバーアクションを予感させる特報と、「光の時代に闇が生まれる」と書かれ、赤く染まるライトセーバーのキービジュアルも公開された。

若き日のルーク・スカイウォーカーが登場した「マンダロリアン」シリーズ、映画では描かれていないオビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーの知られざる過去が明かされた「オビ=ワン・ケノービ」など、正史と深いつながりを持つ物語を描いてきたオリジナルドラマシリーズの最新作となるのが、「アコライト」。

本作は今年公開25周年を迎える「ファントム・メナス」の約100年前、ダークサイドの影が忍び寄るジェダイの黄金期を舞台に”闇に包まれた”秘密を描くハードアクション・スリラー。

特報では、俳優イ・ジョンジェが演じるジェダイ・マスターが若きパダワンたちにフォースを教えている姿から始まる。銀河には多くのジェダイが存在し、戦争がなく平和に包まれていた”光”の時代。そこに現れるのが、ロングのドレッドヘアに黒いマスクでナイフを振り回すミステリアスな女性。彼女は一体何者なのか。特報のラストでは多くのジェダイたちがそれぞれのライトセーバーを手に、”赤いライトセーバー”を操る何者かに立ち向かっていくシーンが垣間見え、壮大なアクションが期待できる映像となっている。

国内最大級の品揃え【DMMブックス】ロリポップ!
ファッション雑誌No.1 宝島社公式通販サイト『宝島チャンネル』

大ヒット韓国ドラマ「イカゲーム」の主演を務め、アジア人で初めてエミー賞の主演男優賞を受賞した俳優イ・ジョンジェ。「マトリックス」シリーズのトリニティ役で人気の女優キャリー=アン・モス。「ハンガーゲーム」に出演し世界中で一躍注目を浴びた女優アマンドラ・ステンバーグがジェダイを襲うミステリアスな女性を演じる。また、映画シリーズでチューバッカを演じた俳優ヨーナス・スオタモが、ウーキー族のジェダイ・マスターを演じている。

監督を務めるのは、映画『バチェロレッテ ―あの子が結婚するなんて!―』やエミー賞作品賞など4部門にノミネートされた「ロシアン・ドール:謎のタイムループ」の製作総指揮などで知られる女性監督のレスリー・ヘッドランド。

スターウォーズの大ファンだというレスリー監督は本作について「『アコライト』はまだジェダイにとってとても平和な時代が舞台です。多くのジェダイが登場する銀河を、ダークサイドの視点で描く物語になっています。そしてジョージ・ルーカスが影響を受けた黒澤映画や侍映画にインスパイアされ、『用心棒』や『隠し砦の三悪人』などの作品をオマージュしています」と語る。

情報元
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1577848.html