Windows 11の大型アップデート「Moment 5」のプレビュー公開、Microsoft

Microsoftは2月29日(現地時間)、Windows 11, バージョン23H2および22H2向けのセキュリティ以外のプレビュー更新プログラム「KB5034848」をリリースした。OSビルド番号が「22631.3235」(23H2向け)および「22621.3235」(22H2向け)であるこの更新プログラムは、「Moment 5」と呼ばれるWindows 11の5番目の大型アップデートを含んでいるとされている。2023年9月にMoment 4がプレビューリリースされて以来5か月ぶりの大型アップデートであり、Copilot in Windowsの強化をはじめとする多くの新機能が含まれている。

Moment 5の新機能を有効にする方法

Moment 5で提供される新機能の数々は、KB5034848をインストールしただけではデフォルトでは有効になっていない。有効にするには、Windows Updateの設定で「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」の項目を「オン」にしておく必要がある。

最新機能を利用するためのWindws Updateの設定

この項目を「オフ」のままでKB5034848をインストールした場合は、「オン」に変更した時点で新機能が利用可能になる。また、「オフ」のままにした場合は、時間が経過してMicrosoft側の準備が整ったタイミングで順次利用可能となる。

国内最大級の品揃え【DMMブックス】ロリポップ!
ファッション雑誌No.1 宝島社公式通販サイト『宝島チャンネル』

Moment 5の主な新機能

Moment 5における主な新機能や機能改善としては、以下を挙げることができる。

  • Copilot in WindowsおよびMicrosoft Copilotの大幅な機能強化
  • ウィジェットの改善
  • 音声アクセスやナレーターをはじめとするアクセしビリティ機能の強化
  • デフォルトの壁紙としてWindows スポットライトを採用
  • Windows 共有オプションの拡張およびニアバイシェアの改善
  • スナップ レイアウトにおけるAIを搭載した提案機能
  • スクリーンキャストの強化
  • Windows Updateを利用したWindowsの修復

Moment 5では、上記の他にも非常に多くの機能改善が行われている。なお、一部の機能は、すべてのユーザーがすぐに利用できるわけではなく、地域やグループごとに段階的にロールアウトされるものもある。

情報元
https://news.mynavi.jp/techplus/article/20240302-2896358/