映画『ウィッシュ』のオープニング興収、ディズニーアニメで過去最低水準に

米国で先週公開されたディズニーの新作アニメ映画『ウィッシュ』は、オープニング週末の興行成績が振るわない結果に終わった。同作は批評家からの評判も芳しくない。ディズニーはこのところ不発の映画作品が続き、観客を映画館へと呼び戻せずにいる。
国内最大級の品揃え【DMMブックス】ロリポップ!
ファッション雑誌No.1 宝島社公式通販サイト『宝島チャンネル』

22日に公開された『ウィッシュ』は、北米オープニング週末の興行収入が予想を大きく下回り、3位で発進。週末3日間の興収は1950万ドル(約29億円)、23日の感謝祭の祝日を含む週末5日間の興収は3170万ドル(約47億円)だった。米メディアのデッドラインとバラエティは、北米5日間のオープニング興収を最大5000万ドルと予想していた。同作の製作費は2億ドル。

『ウィッシュ』の週末オープニング興収は、『ストレンジ・ワールド/もう1つの世界』や 『ラーヤと龍の王国』などの失敗作は上回ったものの、ディズニーがこれまでに製作したほぼすべてのアニメ映画を下回ったこれに対し、オープニング興収が最も高い7作品はいずれも2010年代に公開され、初週の週末に4500万ドル以上を稼いでいる。デッドラインは、同作の不振の原因として、予告編からストーリーがはっきり伝わらなかったことや、本編の内容がディズニー映画でおなじみの「滑稽な相棒たち(しゃべるヤギとふっくらした星)」が登場する「即席のプリンセス映画」に終始したことにあると評した。

批評家の中には、ディズニー創立100周年を記念して作られた同作が「マジカルなイベントというよりかは企業の商品」となっているとか「映画のマジックの一部を取り戻そうとする強引な試み」だと指摘する者もいた。

デッドラインは、『ウィッシュ』がストリーミングサービスのDisney+(ディズニープラス)でリリースされるのを待って自宅で観ようとしている人が多い可能性を指摘。匿名のアナリストはデッドラインに対し、ディズニーは人々に同作を映画館で観たいと思わせることができなかったとし、同作が「魅力的なコンテンツというよりかは、企業の誕生日祝賀」になっていると批判した。

ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は今月の決算説明会で、同社が興行成績の面で苦戦していることを認めた上で、同社が質より量を優先したことで「フォーカスを若干失った」と説明。今後は作品の質を重視する方向に転換すると表明した。ディズニーは、2週間に公開した『マーベルズ』も振るわない結果となったばかり。同作のオープニング週末興収は4610万ドルで、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品としては過去最低を記録し、前作の『キャプテン・マーベル』(2019年公開)の3分の1にも満たなかった。一部の業界専門家は、不振の原因を「スーパーヒーロー疲れ」と説明している。

同じくディズニーが手がけた『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』も、オープニング週末興収がわずか6000万ドル、全世界興収は3億8300万ドルで、製作費が3億ドル近いことを考えると期待を大きく下回った。「インディ・ジョーンズ」シリーズは第1作の公開から40年以上がたつが、最新作の北米興収はインフレ調整前の額でもシリーズ最低となった。

さらに今年公開で不発に終わったディズニー映画としては、『ホーンテッドマンション』がある。1億5000万ドルの予算に対して、北米オープニング週末興収はわずか2400万ドル、世界累計興収は1億1700万ドルだった。バラエティ誌はその原因について、7月という公開時期にあった可能性を報じている。当時、俳優の一斉ストライキが続いていたため、出演者が同作のPRをすることができなかった。また業界専門家からは、ハロウィーンに合わせて公開されるべきだったとの意見も出ている。

一方、今年公開されたディズニー映画の『リトル・マーメイド』と『アントマン&ワスプ:クアントマニア』は、予算の2倍以上の興収を記録したが、業界の予測を下回ったため、期待外れの結果と受け止められた。

ただデッドラインは、興行成績が振るわなくとも、」Disney+では好成績を残せる可能性があると指摘している。劇場興収が期待外れだった『エレメンタル』は、Disney+での配信開始から5日間で2640万回視聴され、同サービスで最も人気の作品の1つとなった。

情報元
https://forbesjapan.com/articles/detail/67634