CLIP STUDIO PAINT EX 1.13.0 リリース

CLIP STUDIO PAINTは、売上No.1&利用率No.1*のイラスト、マンガ、アニメーション制作アプリ。みんな使ってるから、憧れの作風も再現できて、ノウハウもたくさん!
国内最大級の品揃え【DMMブックス】ロリポップ!
ファッション雑誌No.1 宝島社公式通販サイト『宝島チャンネル』

CLIP STUDIO PAINT EX 1.13.0

Version 1.13.0
Released Dec 6, 2022

Noteworthy changes / Bug fixes

  • 【改良内容】

    下記の機能を改良いたしました。

    共通
    • [環境設定]ダイアログの[ファイル詳細]に[バージョン互換情報]が追加されました。[保存する]あるいは[保存時に確認する]を選択すると、Ver.1.5互換の3Dレイヤーを含むCLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)のファイルを保存するときに、タブレットやスマートフォンで開くためのバージョン互換画像を保存できます。
    • [バージョン情報]ダイアログに[診断情報をコピー]が追加されました。
    • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】[環境設定]ダイアログの[ファイル詳細]の[バージョン互換情報]で[保存する]あるいは[保存時に確認する]に設定したCLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)の場合、Ver.1.5互換の3Dレイヤーを含むキャンバスを表示できるようになりました。ただし、Ver.1.5互換の3Dレイヤーの編集は行えません。
    • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】CLIP STUDIO PAINTにOSのカメラの権限を許可していない場合、カメラを使用する機能の実行時にエラーメッセージが表示されるようになりました。
    • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】試し描きモードを通知する画面やクリエイティブチャージの画面に、[ライセンスをお持ちの方はこちら]が追加されました。すぐにお持ちのライセンスをご確認いただけます。
    • 【iPad】Apple Pencilのホバーに対応しました。Apple Pencilのホバーに対応する機種で、[環境設定]ダイアログの[インターフェース]の[ペン]の[可能な環境ではペンのホバーを利用する]をオンにすると、CLIP STUDIO PAINTの操作にホバーを使用できます。
    EX/PRO
    • [オートアクション]パレットのメニューに[セットの編集]が追加されました。オートアクションセットの表示順序の入れ替え、追加や削除などの管理を行えます。
    EX
    • [ファイル]メニュー→[開く]からPDF形式のファイルを読み込むときに表示される[PDFフォーマット変換]ダイアログに、[注釈を画像として読み込む]が追加されました。キャンバスを開いたときにPDFの注釈が表示できるようになりました。
    • 【Win//iPad】2Dカメラフォルダーのトラックラベル作成時に設定できる、東映アニメーションデジタルタイムシート向けのカメラ指定が追加されました。

    【仕様変更内容】

    下記の機能を仕様変更いたしました。

    共通
    • [ファイル]メニュー→[タイムラプス]→[タイムラプスの書き出し]から書き出した動画の最初と最後に、完成画像が長めに表示されるようになりました。
    • アプリアイコンとスプラッシュ画像を、10周年記念仕様から通常仕様に戻しました。
    • [アニメーション]メニュー→[ラベル]の[中割りトラックラベルを作成]の名称が[中割りトラックラベル○を作成]、[逆シートトラックラベルを作成]の名称が[中割トラックラベル●を作成]に変更されました。
    • 【Win】[環境設定]ダイアログの[タブレット]の[入力頻度]の初期設定が[品質優先]になりました。
    EX/PRO
    • [オートアクション]パレットのメニューから、[セットの新規作成]・[セットの削除]・[セットの複製]・[セットの設定]が削除されました。[セットの編集]から同様の操作を行えます。
    EX
    • デジタルタイムシート情報ファイル(拡張子:xdts)に書き出される内容に、2Dカメラフォルダーの情報が追加されました。
    • CLIP STUDIO PAINT Ver.1.13.0以降で書き出したデジタルタイムシート情報ファイル(拡張子:xdts)は、CLIP STUDIO PAINT Ver.1.12.11以前のCLIP STUDIO PAINTで読み込むと、範囲ラベルを含めた2Dカメラ情報が除外されます。
    • [新規]ダイアログや[作品基本設定を変更]ダイアログで、[同人誌印刷所]から[pixivFactory]を選択したときの設定が変更されました。

    【修正内容】

    下記の問題を修正いたしました。

    共通
    • 特定の3Dオブジェクト素材で、素材全体の[オブジェクトスケール]の[X]・[Y]・[Z]のいずれかを異なる値にして保存したときに、再度開いたときに配置がずれてしまう。
    • [テキスト]ツールの編集中に、[ツールプロパティ]パレットの[ファイルからフォントを追加]を実行して表示されるメッセージから、[[クラウド設定]を開く]をクリックしても、クラウド設定画面が表示されない。
    • [環境設定]ダイアログの[インターフェース]の[配色テーマ]を変更しても、3D素材選択時に表示されるオブジェクトランチャーの色が変更されない。
    • CLIP STUDIO FORMAT(拡張子:clip)のファイルや素材を読み込むと、一部の環境でアプリの動作が停止する場合がある。
    • 【iPad / iPhone / Galaxy / Android / Chromebook】CLIP STUDIOのクラウドからアプリ設定の復元を中断すると、中断した時点まで設定が反映されてしまう。さらにアプリが正常に起動できない場合がある。
    • 【Galaxy/Android/Chromebook】CLIP STUDIO操作時に表示されるメッセージダイアログが、画面中央に表示されない。
    • 【iPad/iPhone】iPadOS 16とiOS 16環境において、CLIP STUDIO画面のスクロール処理を改善しました。
    • 【iPad/iPhone】iPadOS 16とiOS 16環境において、キー操作でウィンドウを閉じたときに、CLIP STUDIO PAINTが強制終了する場合がある。
    • 【iPhone/Android】スマートフォン環境において、コンパニオンモードのジェスチャーパッドのヒント表示が乱れる場合がある。
    • 【mac】macOS VenturaのFont Bookからダウンロードしたフォントが、CLIP STUDIO PAINTのフォントリストに表示されない。
    • 【mac】プログレスバーを表示するダイアログの[キャンセル]をクリックしても、反応しない場合がある。
    • 【mac】[フォントリスト設定]ダイアログを閉じたあとに、フォント一覧以外操作できない場合がある。
    • 【mac】シリアルが存在しないmacOS環境において、プラグインが使用できない。
    • 【mac】macOS Ventura環境において、CLIP STUDIOの作品管理画面から[PAINTで開く]を実行してファイルを開くときに、CLIP STUDIO PAINTのパレットやコマンドバーが表示されない。
    • 【iPad】iPadOS 16環境において、ポップアップ表示されたパレットのタイトルバーをドラッグしてパレットドックに格納すると、格納したはずのパレットが消えてしまう場合がある。
    • 【iPad】iPadOS 16環境において、[command]キーと一部のキーを組み合わせると、ショートカットキーが動作しない。
    EX/PRO
    • [オートアクション]パレットのオートアクションセットの表示順序が、CLIP STUDIO PAINTを再起動すると変わってしまう。
    • オートアクションセットの名称に禁則文字が含まれている場合、オートアクションセットを書き出せないことがある。
    • 月額利用プラン特典素材が使用できない状態で[素材]パレットに登録されている場合、[素材]パレットから[アイテムバンク]パレットに特典素材をドラッグ&ドロップしても、反応せず、メッセージも表示されない。
    • 【Win/mac】トーンを含むキャンバスを印刷するときに、[印刷設定]ダイアログの[品質]を[イラスト向け]にしていても、印刷時に[コミック向け]として印刷用画像が作成される。
    • 【Win/mac】CLIP STUDIOからCLIP STUDIO PAINTにワークスペース素材を読み込むと、初回だけPAINTが強制終了する場合がある。
    EX
    • [新規]ダイアログや[作品基本設定を変更]ダイアログで[同人誌印刷所]設定した作品で、[3D製本プレビュー]を実行すると、設定した値より背幅が厚くなる。
    • チーム制作時に、ほかの端末で編集して更新を行ったページを同期しても、作品管理画面の更新日時が更新されない。
    • チーム制作時に、作品が最新の状態にもかかわらず、ページ管理ウィンドウの[ページ全体をいますぐ同期]を押せる場合がある。
    • チーム制作時に、先頭ページを開いているときに、ほかの端末で先頭ページの位置を入れ替えると、先頭ページを開いている端末で編集や保存を行ってページを閉じると、競合が発生してしまう。
    • 【iPad/iPhone】iPadOS 16とiOS 16以降の環境でストーリーエディターにハングル文字を入力すると、ページの先頭行でリガチャが行われたときに、選択範囲を解除するまで入力できない。
    • 【iPhone/Android】スマートフォン環境において、試し描きモード時に[60分追加]を行っても、機能制限が解除されないことがある。
    • 【Win/iPad】 デジタルタイムシート情報ファイル(拡張子:xdts)を書き出すときに、開始フレームをまたいだクリップを持つトラックの開始フレームが空セルとして出力される。

アップデート情報元ページ
https://www.clipstudio.net/ja/dl/release_note/

公式サイト
https://www.clipstudio.net/